病気がないか確認することが大事です。

治療効果が非常に高い

肥満女性に多発する傾向もみられます。
検査·診断.30才を過ぎたら要注意年齢です。月1回の自己検診月経が終わったときと、年1回の専門医による検診を受けましょう。しこりのできない乳がんもありますから、年1回の検診が必要です。
医師はまず触診を行い、さらにマンモグラフィ(乳房ㄨ線撮影-乳房を器械に挟んでX線撮影する。多少の苦痛がある)やエコー(超音波検査皮膚に液体を塗り、小さな器具を当てるだけで苦痛はない)、CT検査(体を輪切り状にX線撮影する。
苦痛はない)などを行います。
がんが疑われるときには、組織を採取して調べる検査組織細胞診が行われ、診断されます。
治療.乳房を温存できる場合、手術によって、がんを切除することです。

がんの進行度によって、乳房を切除して胸筋を温存する場合、脂肪組織や胸筋をすべて切除する場合な最も確実な治療法は、ど、さまざまです。
以前は、乳房全体と胸の筋肉、腋の下のリンパ節を切除する乳房切除術が主に行われていましたが、最近は、がんとその周辺をできるだけ小さく切除する、乳房温存術が行われています。
さらには、1~3カ所小さく切開するだけで、そこから内視鏡や手術器具を挿入して、がん組織を切除する内視鏡手術も行われています。傷が小さいので、乳房の変形も少なく、乳房再建術もしやすくなります。乳房温存術や内視鏡手術では、そのあとで放射線照射を行いますが、治療成績は乳房切除術と変わりません。
また、再発予防のためにホルモン薬を服用します。
生活上の注意点栄養バランスのとれた食事で、過食をしない。予防や総コレステロール値を下げる効果動物性脂肪を減らす。
野菜、果物、海藻、玄米など、食物繊維の多い食品をたくさんとって、休養と睡眠を十分にとり、ストレスをためない。
血縁者に乳がんの人がいる女性は、便秘を改善する。
便秘女性に乳がんが多いという報告がある。
特に自己検診と定期検診を欠かさずに。

子宮がん

子宮がんの患者数では女性のがんのなかでは4番目で、考えられます。
決して少ない病気ではありません。
検診が普及して早期に発見される例が多く、加えて治療技術の進歩によって、助かる人が増えていると子宮がんには、腟に近い子宮頸部にできる子宮頸がんと、子宮の内膜にできる子宮体がんに分けられます。
特に子宮体がんが増加しています。
症状·原因.症状は、子宮頸がんでは不正出血とおりものです。不正出血とは月経以外の性器出血で、性交のあとに気づくことが多いようです。
子宮頸がんは子宮頸部の上皮に発生し、下の組織に浸潤していくと同時に病巣も大きくなり、腟·膀胱·直腸などの隣接臓器に波及していきます。
また、骨盤内のリンパ節や血管を介して、離れている臓器にも転移することがあります。
子宮体がんの症状は、子宮頸がんと同じように初期にはほとんどありませんが、やがて不正出血や月経過多、あるいはおりものの増加がみられます。閉経期やそれ以降に発病することが多いので、終わった月経が再開したと思って、見過ごしてしまうこともあります。
子宮体がんは、子宮内膜に発生して、次第に筋層内に浸潤していき、ついには筋層を破って子宮の外の腹腔内に広がっていきます。子宮頸がんと同じく、全身に転移することがあります。
子宮がんの原因は、子宮頸がんでは性交開始年齢が早い、性交渉の相手の数が多い、ウイルスが高率に検出されていて、重要な原因の一つであることが指摘されています。
妊娠出産の回数が多い人ほど危険性が高いことがわかっています。
また、子宮頸がんの患者からパピローマこれに対して子宮体がんは、未婚、妊娠や出産の経験がない、結婚や出産の年齢が高いなどの人に多く、子宮頸がんとは反対になっています。
能に障害のある人や、肥満、糖尿病などホルモン分泌に影響のある病気を持った人に多く、女性ホルモンとの関連があると考えられています。

  • 医者の立場からいわせていただく
  • 健康診断をしなく
  • ケアについてお話しすることもあります。

症状は回復したもののぐっすり眠れない。

そのほか、無月経、月経不順、不妊症など卵巣機検査·診断.子宮がんはいずれも初期は無症状なので、検診を必ず受けるようにしましょう。
定期的に検診を受けて早期発見を心がけることが大切です。
子宮頸がんは40~60才に多く、若くから発病する人もあるので、30才を過ぎたら、年1回の検査は腟を広げて、綿棒などで子宮頸部の細胞を採取して、顕微鏡で調べます。自分で採取する方法もありますが、挿入して、患部を拡大して観察するとともに、組織を採取して調べれば、確実に診断できます。
医師にしてもらうほうが確実です。
さらには、コルポスコープという器具を子宮体がんは50~60才代に多いので、40才を過ぎたら定期検診を受けましょう。
検査は腟を広げて、治療.器具を子宮の中まで挿入して、子宮内膜の組織を採取して調べます。
子宮がんの治療は手術と放射線療法が基本です。
子宮頸がんは、がんが上皮内にとどまっている0期であっても、子宮をすべて取り除く単純子宮全摘出術が行われます。
ただ、これから先、妊娠出産を望む場合は、子宮頸部のみを切除する手術で、子宮を残すこともできます。がんが上皮の外へ広がった1~Ⅱ期の人は、子宮だけでなく卵巣やリンパ節まで切除します。
手術後、がったⅢ~Ⅳ期の人、あるいはⅡ期でも高齢者や合併症のある人には、放射線療法が行われます。化学療法を併用することもあります。
必要に応じて放射線療法が追加されます。
がんがさらに広子宮体がんに対しては、0期は単純子宮全摘出術、1期はそれに加えてリンパ節郭清を行います.Ⅱ期は子宮とリンパ節や卵巣などの周囲の組織までを摘出します。Ⅲ~Ⅳ期まで進行すると、射線療法と化学療法を組み合わせて治療にあたります。また、子宮体がんの治療には、プロゲステロン黄体ホルモンを補充するホルモン療法も行われます。
放再発がんや他臓器への転移があるときは、化学療法や免疫療法が中心になります。

肝臓がん

日本人のがんによる死亡率で見ると、肝臓がんは第4位で、年間3万人以上の人が亡くなっています。
細胞を見つけ
圧倒的に男性に多く、患者数は女性の4倍近くにもなります。
が、重要な原因であるウイルス肝炎B型とC型が予防できるようになってきていることから、近い将来は次第に減少していくものと思われます。
現在はまだ増加を続けています。肝細胞からできる原発性肝がんと、ほかの臓器にできたがんが転移してできる転移性肝がんがあります。
また、原発性肝がんには、肝細胞からできる肝細胞がんと、肝臓の中の胆管細胞からできる胆管細胞がんがあります。

胆管細胞がんは数が少なく、一般に肝臓がんといえば、原発性の肝細胞がんを指します。
症状·原因.肝臓がんの患者を調べてみると、壊と再生を繰り返すうちに、その70%は肝硬変のある人に、25%は慢性肝炎のある人にできています。
その原因となるのは、B型とC型の肝炎ウイルスで、慢性肝炎が持続して肝細胞の破異変が起こり、がん細胞が生じてくるものと考えられます。
症状は、中の痛み、初期のうちはまったくありません。だるい、疲れやすい、食欲不振などを訴える人もいますが、発熱、黄疸などが出たり、右の肋骨の下のあたりにかたまりを触れたりすることがあります。
ほとんどは慢性肝炎や肝硬変の症状と考えられます。
がんが進行すると、右上腹部や背検査·診断.慢性ウイルス肝炎や肝硬変の人は、定期的に年に31a検査を受けて早期発見に努めることが大切です。ただ、慢性肝炎はほとんど症状がないことが多いので、健康診断などで肝機能検査の異常が見つかったときには、すでに肝臓がんができていたというケースも少なくありません。ですから、健康な人でも、B型とC型の肝炎ウイルスに感染していないかをチェックする検査を受けておいたほうがいいでしょう。
病気を治すことでもなく

老化の話題を取り上げた際に長寿の話

必要があればMRI検査もします。
腹壁から針を刺して腫瘍の組織を採取し、それを調べる針生検も行われます。
血液を採取して肝機能と腫瘍マーカーを調べ、超音波検査とCT検査、これらの検査で、がんの数、大きさ、悪性度などがわかります。
さらには、治療.肝臓がんに対しては、主に次の3つの治療法が行われます。治療法の選択は、がんの個数、大きさ、肝機能の程度などを考慮して決められます。
手術療法肝切除療法開腹手術でがんができている部分を切除します。肝機能がよく、がんが広がっていない場合の第一選択です。かなりの大きさのがんまで可能ですが、肝機能に余力のない人には行えず、肝硬変の進み方が軽度か中等度までです。

  • ラジオ波焼灼療法RFA
  • ラジオの中波と同じ波長の電波で、がんを焼灼する方法です。

    エコーやCTで見ながら、腹壁から細い針を肝臓内のがんに刺して焼きます。
    がんの大きさが3cm未満、個数が3個以下の人では第選択です。
    肝機能が相当悪くても可能です。
    入院期間は1週間以内です。
    肝動脈塞栓療法TAE鼠径部からカテーテルを挿入し、その先を肝臓に届かせ、がん組織に血液を送っている動脈に塞栓物質を注入してふさいでしまう療法です。
    入院期間は1週間程度です。
    がんが大きくても、数が肝機能障害が強い場合には、経皮的エタノール局所注入療法PEIT、多くても行えます。
    塞栓範囲を少なめにする工夫が必要です。
    手術療法やラジオ波焼灼療法と併用されることもあります。
    このほか、化学療法、免疫療法、放射線療法などが行われる場合もあります。
    放射線療法の一種である重粒子線療法が行われ、好成績をあげているとの暹告もあリ14.atいt.㎛ziのがんa竖esutそれがでよく効きよす。が転移性肝がんに対しては、元の臓器のがんの治療が重要です。それができていれば、手術療法や化学療法が行われます。
    も大量に投与できます。胃がんからの転移に対しては、塞栓療法が比較的よく効きます。病気を治すことでもなく

    病気を治すことでもなく

    肝機能が正常である場合が多いので、広い範囲を切除でき、化学療法剤すい膵臓がん症状があらわれにくいため早期発見が難しく、進行すると隣接する胃や肝臟、がんができる場所は膵頭部が最も多く、女性より男性に多くみられます。
    十二指腸などに転移しやすいこと、手術も難しいことから、難治性がんの1つにあげられています。
    症状·原因症状が出にくいのですが、比較的早く現れるのが黄疸です。そのほか、背中胃の裏あたりの痛み、吐き気、発症の原因として、脂肪の多い食事の過剰摂取、過度の飲酒、喫煙などが関係しているといわれています。
    嘔吐、食欲不振、下痢や便秘などがみられます。
    検査·診断超音波診断エコー、CTなどが行われますが、特にMRI画像をコンピューター処理したMRCPの映像が役立ちます。
    治療.胆道のがんと同じように、黄疸がある場合には、まず黄疸の改善を図ります。

    以前は、周囲の臓器も含めて広範囲に切除することが多かったのですが、現在では、胃を残し、そのほかの臓器も、切除する範囲をできるだけ小さくする手術が行われるようになっています。
    また、手術でがんを切除しきれない場合は、放射線療法や化学療法、免疫療法、温熱療法などが行われます。

    胆道がん

    胆嚢がん、胆管がん胆嚢にできる胆嚢がんと、胆管にできる胆管がんを合わせて胆道がんといいます。


    予防や総コレステロール値を下げる効果 認知症が多いのか糖尿病の患者さん 治療効果が非常に高い